脳梗塞の原因を知りましょう|知って改善できる病

脳のある病気

医者

脳動静脈奇形は、脳の血管の生まれつきの病気です。この脳動静脈奇形の早期発見を行う事で、その後の対応などを早期に検討する事が可能となります。出血などを起こす事で判明する事が多いですが、出血を起こしていない脳動静脈奇形でも、画像診断により発見する事が可能です。画像診断は、CTスキャン、MRI検査が一般的です。これ加えて、カテーテル挿入による脳血管の撮影を行い、最終的な診断を行います。脳動静脈奇形は薬などでは改善させる事が難しく、一般的な治療としては、奇形変化した血管の手術などを選択する事がほとんどです。種類としては、開頭手術や放射線治療(ガンマナイフ治療)、カテーテルによる塞栓術などがあり、早期検査による早期発見を行う事で、これらの治療を早期に検討する事が可能となります。

脳動静脈奇形は脳の動脈、静脈が奇形変化を起こしたという病気です。通常、動脈は枝分かれして、細くなって毛細血管になります。この毛細血管では、細胞に酸素と栄養を渡し、二酸化炭素と老廃物を受け取り、これを静脈へ渡し心臓へ戻る流れとなっています。しかし、この病気では血管の一部が毛細血管にうまく分枝できず、その代償として異常血管が生まれ、動静脈が直接繋がってしまい、脳動静脈奇形となってしまいます。脳動静脈奇形になると、奇形血管を流れる血液は酸素と栄養の交換に関与しなくなり、動脈への圧力が静脈へも加わってしまいます。その結果、血管の弱い部分に負担がかかり出血し、クモ膜下出血や脳出血を引き起こしてしまいます。