脳梗塞の原因を知りましょう|知って改善できる病

がん治療最前線

男性

高い抗原提示能力

がん治療と言えば、従来は外科手術による患部の切除が中心でした。その後は放射線によるがん組織の破壊も選択肢に加えられ、抗がん剤治療が併用されるケースが一般的となっています。抗がん剤は全身に転移したがん細胞も攻撃できる一方で、正常な細胞まで攻撃してしまうというデメリットがあります。そのため患者を重い副作用から救済する目的で免疫細胞療法が開発されました。その中の1つ、樹状細胞療法に今大きな期待がかけられています。樹状細胞は血液中に存在する免疫細胞の一種で、抗原と呼ばれるがん細胞の特徴を記憶することができます。自身の表面にがん細胞の抗原を提示する能力に優れているため、攻撃部隊となるTリンパ球を使ってがん細胞だけを攻撃できるのです。

事前の検査も必要

樹状細胞療法はがん細胞攻撃に対する高い精度を持ち、なおかつ抗がん剤のような副作用がほとんどないという長所があります。導入する病院も増えており、患者が希望すればこの最新治療を受けられる可能性があります。現状では樹状細胞療法はすべての患者に実施できるわけではありません。体質的に樹状細胞療法の効果があまり期待できないケースもありますので、事前に検査を受けることが望ましいと言えます。検査の結果樹状細胞療法での効果が期待できると判明した場合には、副作用もほとんどありませんので試してみる価値はあります。樹状細胞療法はがん治療を大きく変革できる可能性を秘めています。今後ますます技術が進歩して樹状細胞療法の恩恵を受けられるケースが増えれば、がん患者が抗がん剤の重い副作用から解放されることも決して夢ではないのです。