脳梗塞の原因を知りましょう|知って改善できる病

腹痛にもさまざまな原因

花

患者に親身な医師がいます

お腹が痛いという症状は、日常生活においてもよく見られる症状です。ですが、単なる食べ過ぎだと考えていると実際にはもっと重大な病気が隠れている場合もあります。よって、お腹が痛いときには軽視せずに伊丹の内科で診断を受けることが重要です。伊丹の内科では、医師が懇切丁寧に問診を行っています。最近、大病院では学校を出たばかりの医師が患者の方を見ることさえなくパソコン端末に向かうだけで薬を処方するといった例が多く見られるようになり、問題視されています。しかし、伊丹の内科にはそのような患者を軽視する医師はいません。親身になって患者を診察してくれるので、お腹が痛いなどの体調不良があるときは、まず伊丹の内科を訪れてみるのがよいでしょう。

風邪が原因でも起こる

お腹が痛いときには、原因がいくつか考えられます。最もよくあるのは胃腸炎による腹痛です。伊丹の内科ではレントゲンやバリウム検査、胃カメラ検査などいろいろな検査法で腹痛の原因を突き止めてくれます。もし胃腸炎の原因が感染性のものである場合、治療が遅れると深刻な事態となりかねないので、胃が痛いときやお腹を下したときはすぐに伊丹の内科で検査を受けるのが最善の選択です。お腹が痛い原因には、胃炎・腸炎などのほかに風邪やインフルエンザもあります。こうした原因を正確に調べるには専門医でなければ難しいので、伊丹の内科にかかるのが一番です。風邪やインフルエンザが原因の場合、伊丹の内科では効果の高い感冒薬や抗生物質などを処方してくれます。