脳梗塞の原因を知りましょう|知って改善できる病

脳のある病気

医者

脳動静脈奇形は、脳の中を走る動脈・静脈が奇形変化を起こしているという病気です。奇形変化により、出血を起こしやすく、クモ膜下出血や脳出血を引き起こしてしまうリスクが高まります。画像診断による早期発見、早期治療を行う事が大切です。

詳しく見る

アテロームを学ぼう

女性

アテロームが問題です

脳梗塞の中には、血管にコレステロールが原因で作られるアテロームという瘤のようなものが、高血圧などによって破れるアテローム血栓性脳梗塞があります。比較的太い血管で発症することが多く、ラクナ梗塞などと比較しても、予後が悪くなる疾患です。アテロームは一度できてしまうと、治療しない限りその場に残ります。そのためアテロームがある部位より先の脳の機能が阻害され続けるので、アテローム血栓性脳梗塞の症状はいつも同じような症状になるということになります。このような症状が出現した場合は、すぐに病院を受診して検査を受ける必要があります。アテロームができる原因は生活習慣の悪化です。特に高カロリーな食事や不規則な食生活が原因となって発症すると分かっています。生活習慣の改善がアテローム血栓性脳梗塞の対策になります。

アテロームへの対策は何か

アテローム血栓性脳梗塞の治療には、外科的なものと生活習慣の改善を中心に行うものと二つあります。外科的なものとしては、アテロームがある脳の血管の両側をクリッピングし血流を止めた後、血管を切開してアテロームを取り出す治療方法や、大腿動脈などからカテーテルをいれて、アテロームがある部位でステントを設置してアテロームの破裂を予防する治療方法があります。後者は非観血的な治療方法で、患者への負担が少なく高齢者にも適用できます。生活習慣の改善としては、食事療法と運動療法が重要です。食事療法ではアテロームの原因となるコレステロールを意識した食事ができるように学習を行います。運動療法では、アテロームが破裂しないように気を付けながら行うことが重要です。

がん治療最前線

男性

樹状細胞療法という最新の免疫細胞療法が、がんの治療で注目を集めています。樹状細胞にはがん細胞の抗原を提示してリンパ球に攻撃させる高い能力があります。樹状細胞療法を実施するには、患者の体質がこの治療法に適しているかどうかの検査を事前に実施することも必要です。

詳しく見る

腹痛にもさまざまな原因

花

お腹が痛いというのは日常ありふれた症状と思われがちですが、感染性の病気である場合もあるので伊丹の内科で検査を受けるようにしましょう。伊丹の内科では検査の結果に応じて最適な治療法を選択し対処してくれます。

詳しく見る